デートへつなげるには

メールのやり取りが順調にいけば、次は会うための会話というのが重要になってきます。
お互いに出会いを求めているのですから最終的に会うということは自然流れと言えるでしょう。
ただ仲良くなってきたからといっていきなり「明日会えませんか?」とか「早く会おうよ」などと相手を急かしてはいけません。
当然相手の都合もありますし、急な誘いというのは警戒心が生まれてしまうのです。
仲良くなってきたのであれば、先を急がず慎重に誘うタイミングを見つけましょう。
まずは普段のメールのやり取りの中で、相手がいつ休みでどの時間帯に余裕があるのかということはおおよそ予測出来るかと思います。
メールの返信が来る時間帯は忙しくない時間帯と言えるでしょう。
メールのやり取りの中で「休みの日は何をしているのですか?」などと切り出し、自然な流れで休みがいつなのかを聞くというのも良いかもしれません。
出来れば自分の休みに合わせてもらうのではなく、相手の休みに自分が合わせるほうが好感が持たれるでしょう。
そこからは実際に会って何をするのかということが重要になります。
相手の興味があることはもちろんですが、時間帯などによって適した場所や不向きな場所というのが特定されてくると思います。
そして実際に会うとなると注意しておきたいのが待ち合わせ場所とお互いの特徴です。
迷ってしまわないよう分かりやすい場所を選び、その日に着ていく服装などを事前に教えあっておくとすれ違いなどもなくスムーズに出会えるでしょう。

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ