恋愛話をする

相手とメールのやり取りが出来るようになると、どんな人が好みでどういった恋愛をしてきたのかなど気になってきますよね。
特に自分から見て完璧な相手であれば、なぜ出会いを求めているのかという疑問も出てくるでしょう。
恋愛話というのは男女間では一方的な感情ではなくお互い気になるところだと思います。
しかしメールのやり取りで仲良くなってきていれば、恋愛話というのはちょっとしたすれ違いを生む可能性もあります。
相手を嫉妬させ怒らせてしまったり、過去の恋愛を聞いたことにより突然冷めてしまうことだってあるのです。
なので相手を不快に思わせないような恋愛話を選んだほうが良いでしょう。
と言っても受け取り方は人それぞれですよね。
そこで提案したいのが「初恋」の話です。
出来れば幼稚園や小学生のときの恋愛話が望ましいでしょう。
この頃の恋愛に対して嫉妬する人はほとんどいないと思います。
ごく最近の恋愛話をしてしまうと妙にリアルで引かれてしまうかもしれません。
相手の恋愛についても初恋の話であればあまり抵抗なく話してくれる人も多いでしょう。
ただ、初恋でかなり苦い思い出のある人もいるかもしれないので、ここは慎重になることが大事です。
あくまで自然流れで聞いてみて下さい。
決して無理に聞いてはいけませんよ。
初恋話以外では、笑い話になるような恋愛の失敗談なども良いかもしれませんね。
笑えるような話であれば、相手もそこまで深く考えないでしょうし、自然と会話も弾み警戒心も薄れるでしょう。

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ