誠実な態度を取る

気に入った相手とメールのやり取りをするには当然自分が送ったメールに返信してもらわなければいけません。
それにはメールの書き方が重要になります。
メールというのは実際に会って話すのとは違い文字を打って送信するだけの簡単な作業ですよね。
なので、案外てきとうな内容で送信してしまう人も少なくありません。
例えば自分を良く見せようと嘘や自慢話ばかり書いたり、自己主張が強すぎて相手が引いてしまうような内容だったりするのです。
こんなことではいくら待っても返信は来ません。
相手の立場になってメールの内容を考えなくては意味がないのです。
出会い系サイトを利用しているということは誰もが出会いを求めているということです。
その目的は人それぞれですが、メールの書き方一つで出会いの可能性も一気に広がると思って下さい。
メールの返信をもらうにはまずあなたに興味を持ってもらわなくてはいけません。
そしてある程度の信用も必要になるでしょう。
なので、誠実さや真面目さが伝わるようなメールを心がけるようにしましょう。
まず嘘をつかないということが大前提です。
一度嘘をついてしまうとその嘘を隠す為にまた嘘をつくことになり最終的には必ずボロが出てしまいますし、自分自身疲れてしまいます。
真面目さが伝わるメールといっても事務的で長々とした文章ではいけませんよ。
あくまで紳士的で誠実なメールという意味です。
時にはユーモアだって必要になるでしょう。
そして相手のことをきちんと考えてあげることも大事です。
自分をアピールしたいあまり、相手のことをほったらかしてはいけません。
質問をしたり相手の話を聞いてあげるというのは今後の展開に響く非常に大事な項目となるでしょう。
自らリードして引っ張っていくという姿も素敵かもしれませんがまだまだ始まったばかりの関係なのです。
あくまで優しく誠実な態度を取ったほうが確実でしょう。

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ